EVOLUTION JAPAN証券株式会社(以下、「EJS」)は、EJSは、エボリューション・ファイナンシャル・グループの一員です。

日本に拠点を置くブティック型の投資銀行および登録金融商品取引業者であり、エクイティ・オファリング、デット・ファイナンス、デリバティブ取引など資金調達関連業務を顧客の要望に寄り添うことにフォーカスをして提供しております。2015年に本格的に業務を開始し、これまでに75件の資金調達をアレンジしました(2022年9月現在)。EJSが資金調達に携わった会社は39社にのぼります。また、案件の20%以上はEJSが過去に携わったことがある企業であり、リピート率が高いのが特徴です。EJSは対応スピードの早さで知られており、EVO FUNDや関連ファンド等からの資金調達をアレンジしております。

エボリューション・ファイナンシャル・グループ(以下、「EFG」)は、2002年に設立され、2022年で設立20周年を迎えました。EFGはエボリューション・キャピタル・マネジメントLLC (以下、「ECM」)、EJS、EVOLUTION JAPANアセット・マネジメント株式会社(以下、「EJAM」)等のグループ会社を通して多種多様な金融サービスをグローバルに提供しております。

創業者兼会長のマイケル・ラーチおよび最高経営責任者(CEO)であるリチャード・チゾムがEFGを経営しております。

ECMは米国に拠点を置く投資顧問会社であり、EFGが投資活動を行うために設立したファンド等に対して、投資顧問サービスを提供しております。

EJAMは、投資運用業、投資顧問業、貸金業務を行っております。

EVO FUNDは2006年12月にケイマン諸島の法に基づき設立された投資ファンドであり、EFGの創業者であるマイケル・ラーチが所有しております。EVO FUNDの日本での投資活動は、主に関連会社であるEJAMを通じて行われております。ECM及びEJAMはEVO FUNDの投資顧問会社であり、多様な投資戦略を活用しながら、EJSがアレンジした上場企業による第三者割当増資案件や同様の取引等へ投資を行っております。

2019年においてEVO FUNDの通算取引金額は450億米ドル(約6兆円)を超えました。

EFGの詳細については、公式ウェブサイト(http://www.evofg.com)をご覧ください